知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト

知生き人(ちいきじん)養成プロジェクトとは

「知生き人(ちいきじん)養成プロジェクト」は、芝浦港南地区の在住者、在勤者、在学者を対象として、地区内にキャンパスを有する東京海洋大学及び芝浦工業大学と連携しながら、地域の多種多様な情報を学ぶ場を提供する事業です。

地域の歴史や運河、海辺に関する講座、ワークショップ等を開催し、地域に関する知識を習得することで、受講生自らが新たなまちの魅力を発見するとともに、まちの将来を考えるきっかけとします。

当プロジェクトを通じて、受講生が大学と地域をつなげるサポート役や総合支所が実施する「参画と協働」の取組の担い手となり、地域の魅力を伝え、繋ぎ、創る新たなコミュニティ形成を推進できるよう、人材の育成を目指します。

≪これまでの講座内容≫

平成30年度の講座内容

平成29年度の講座内容

平成28年度の講座内容

平成27年度の講座内容

講座スケジュール(全8回)

日時 場所 テーマ 内容 講師
6月2日(土)
09:00-12:00
芝浦港南地区総合支所、他 芝浦のまちを知ろう!
(まち歩き)
まちを巡り、魅力的だと思う場所の写真を撮ります。 桑田 仁
(芝浦工業大学)
6月30日(土)
09:00-11:00
芝浦港南地区総合支所 まち歩きで感じた地域の魅力を伝えよう まち歩きで撮った写真を使い、それぞれの視点・角度からまちの魅力を発表します。 前田英寿
(芝浦工業大学)
9月29日(土)
09:00-12:00
芝浦港南地区総合支所、他 運河でワクワク体験!
~水辺の安全をふまえて~
芝浦港南地区の魅力のひとつである水辺の安全について学ぶとともに、水辺の楽しさを再発見します。 田村祐司
(東京海洋大学)
12月8日(土)
10:00-12:00
芝浦港南地区総合支所 海運から陸運への変遷
~人々の生活を支える物流~
江戸時代から現在までの、東京港の海運の歴史や陸上輸送への変遷について学びます。 苦瀬博仁
(流通経済大学)
12月8日(土)
14:00-16:00
TOKYO ミナトリエ 江戸から東京へ
~東京港の歴史めぐり~
東京港や臨海副都心の歴史、現在の姿、未来を紹介している展示室「TOKYOミナトリエ」を見学します。 -
7月21日(土)
14:00-16:00
芝浦港南地区総合支所 ファシリテーション体験「ワールド・カフェ」
~まちへの愛着を考えよう!~
愛着を持って暮らせるまちを「ワールド・カフェ」という話し合いの手法を体験しながら、参加者同士で意見を深めていきます。 古瀬正也
(古瀬ワークショップデザイン事務所)
1月下旬(予定)
14:00-16:00
芝浦港南地区総合支所 ファシリテーション基礎講座
~地域で活かす ファシリテーションの視点~
地域活動を進めていく上で、多様な人との話し合いや合意形成を進める際に活用できる視点を学びます。 古瀬 正也
(古瀬ワークショップデザイン事務所)
2月上旬(予定)
14:00-16:00
芝浦港南地区総合支所 地域の魅力発信講座
~まちの魅力を伝えよう!~
知生き人養成プロジェクトを通じて、発見・発掘した芝浦港南地区の魅力を発信する方法を学びます。 メディア関係者
(予定)